嵐の前の静けさ

孤独なポケモントレーナー

TOP

訪問ありがとうございます。
普段、Ryoh3iというTNでランクマッチに潜っています。
剣盾からはダブルバトルを始めました。



以下では、今までに思い入れのある構築を紹介しているので、良かったら読んでいってください。


【BW~BW2】

f:id:Gengar_Night:20211004234445g:plainf:id:Gengar_Night:20211004234439g:plainf:id:Gengar_Night:20211004234435g:plainf:id:Gengar_Night:20211004234443g:plainf:id:Gengar_Night:20211004234441g:plainf:id:Gengar_Night:20211004234437g:plain
初めて厳選・育成をして完成させた構築。この頃は赤い糸がなく、厳選が大変だった分、育成したポケモンへの思い入れが強くと残っている。特に、初めて育成したポケモンであるボーマンダには最も思い入れがある。
5世代は完全なフリー民であった。今となってはランクバトルが主流だが、当時はランダムフリーバトル(通称ランフリ)が賑わっており、純粋にポケモン対戦を楽しんでいた。
ポケモンの実況動画もたくさん観るようになり、実況者が使用しているポケモンを真似て育成してはランフリに潜っていた。
ちなみにランフリ初戦では、ドンファンステルスロックを巻こうとしたら、それを読まれてボルトロスに挑発を打たれ、やべーーーってなったのを今でも覚えている。


【XY~ORAS

s1(フリー勢)
f:id:Gengar_Night:20211004234820p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234828p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234836p:plain
DSのWifiコネクションが終了するまでは5世代でも遊んでいたため、がっつりやってはいなかったものの、周りと頻繁にフレ戦を行っていた。
シャンデラでトリル置き土産→クチート無双みたいな感じで遊んでいた。

s3 最高1998
f:id:Gengar_Night:20211004234909p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234922p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234927p:plain
初めてレートに潜ったシーズン。
ヘラクロスを通す上でファイアローの存在が厄介だったため、電気タイプでファイアローよりサンダースを投入していた。サンダースとクレセリアで電磁波を巻きなつつ、ヘラクロスで一貫をとっていく流れで、まあまあ勝てたがレート2000にはあと一歩及ばなかった。

s6 最高1960
f:id:Gengar_Night:20211004234943p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234953p:plainf:id:Gengar_Night:20211004234955p:plain
ゲンガナンスを使用していた。なぜランターンを採用するに至ったか、謎ではあるが、地味に活躍していた記憶はある。

s9 最高2082
f:id:Gengar_Night:20211004235038p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235044p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235111p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235116p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235114p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235113p:plain
6世代で最もレートをがっつりやったシーズンであり、初めてレート2000に到達したシーズン。
s8で結果を残していたゲンガーマンムースイクンの並びを、丸パクリは嫌だったため、オリジナル要素として、元の構築のニンフィアの枠をスカーフサーナイトにアレンジして使用していた。そのサーナイトがビビるほど強かった(バシャーモの加速トレースしたり、ガルーラを道連れしたり、ゲンガーを奇襲したりetc)。
構築のエースは、ねむねご吠えるのゴツメスイクンで、多くのガルーラを焼いていた。2000チャレでは、バトン構築のバシャーモスイクンで吠えて降参をもらい、舞い上がったのを今でも覚えている。
環境終盤になるにつれてグロパン搭載のガルーラが数を増やし、スイクンの後出しが安定しなくなったのが、勝てなくなった要因だったんだとシーズン終了後に気付く。


【SM~USUM】

s4 最高2002
f:id:Gengar_Night:20211004235315p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235317p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235313p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235322p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235320p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235311p:plain
ボーマンダは好きであるが、メガボーマンダは見た目が好きではないので、メガ進化させずに眼鏡で運用。これが流行していたバシャレボルトの並びに刺さり、easy winを量産できた。

s7 最高2047
f:id:Gengar_Night:20211004235534p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235537p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235529p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235531p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235535p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235527p:plain
サザンクチートのサイクル構築。見た目ポイントはとても高い。ただし貧弱。

s9 最高2047
f:id:Gengar_Night:20211004235712p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235721p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235718p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235716p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235714p:plainf:id:Gengar_Night:20211004235723p:plain
初めて受けループを使用。ゲンガー+受け駒2体の選出がとても手に馴染んだ。

s虚無
f:id:Gengar_Night:20211005000028p:plainf:id:Gengar_Night:20211005000032p:plainf:id:Gengar_Night:20211005000037p:plainf:id:Gengar_Night:20211005000026p:plainf:id:Gengar_Night:20211005000030p:plainf:id:Gengar_Night:20211005000035p:plain
自分の中での7世代結論PT。鬼火ゲンガー+HDポリ2+グライの対応範囲が広く、ゲンガーがキツいギャラ・バンギにはクチートが刺さる。完成度に自信のある構築だったが、リアルファイトの為、この構築でレートに潜ることは出来なかった。


【剣盾】

s14 最高2015
f:id:Gengar_Night:20211005002616p:plainf:id:Gengar_Night:20211005002606p:plainf:id:Gengar_Night:20211005002608p:plainf:id:Gengar_Night:20211005002612p:plainf:id:Gengar_Night:20211005002610p:plainf:id:Gengar_Night:20211005002614p:plain
リアルファイトを終え、冠環境解禁とほぼ同時期にSwitchとポケモンを購入。復帰シーズンに、なんやかんやでボーマンダと共にレート2000達成でき、満足した。

【剣盾ダブル】シーズン22使用構築 サイクルオーガマンダ【最終2025-11位】

 初めまして、ryoheiと申します。今回、s21,s22で使用した構築を記事にしました。よかったら最後まで読んでいって下さい。

f:id:Gengar_Night:20211010014811j:plain

 

【構築経緯】

 対戦を始めてから最初に育成したポケモンであるボーマンダ、人生で1番初めに100レベにしたポケモンであるカイオーガ、思い入れのあるこの2体から構築をスタートさせた。次に、WCS2016決勝を観た時から、ダブルバトルを始める際は使いたいと思っていたライチュウを採用。安直な理由で3体まで決めたものの、カイオーガの苦手な草・電気にボーマンダライチュウが強く、補完が優れているため、十分戦えると判断した。

 残り3枠を模索していく過程では、まず、S操作からカイオーガを通す戦術がシンプルながらに強力だと考え、追い風やトリックルームによるS操作を試した。しかし、猫騙しやゴリランダーの存在から、このような動きを通すことには限界を感じた。(これらへの回答として、アマージョを構築に組み込むことも考えられたが、アマージョ自体の強さに疑問を感じていたため採用を見送った。)そこで、S操作には頼らず、サイクルの中でカイオーガを通す構築を目指すこととした。

 以上を踏まえ、色々模索した結果、猫騙し+対面操作が行えるガオガエン,ゴリランダーが共に使用感が良く、構築コンセプトともマッチしていたため、採用に至った。

 6枠目には、トルネオーガアマージョやゼルネ構築、黒バド構築に刺せるポケモンを探した。その結果、前期はHDチョッキハッサムという結論に至ったが、ハッサムでは火力・耐久面ともに数値が足りず、トルネオーガアマージョに対する勝率が著しく悪かった。そこで、シーズン序盤から6枠目を探し続けた結果、最終日前日に、HDチョッキシュバルゴという結論に至り、本構築が完成した。

 

 

【構築コンセプト】

•サイクルの中でカイオーガの水技を通す。

•全ての構築に対して五分以上の戦いをする。

 

 

【個体解説】

f:id:Gengar_Night:20211007001717p:plainボーマンダ@拘りスカーフ

特性:威嚇

性格:控えめ ※ミント使い忘れの為、実際は臆病個体を使用

実数値:170-140(4)-100-178(+252)-100-152(252)

技構成:流星群 暴風 大文字 噛み砕く

 

◆流星群で216-115ムゲンダイナが確定1発

◆噛み砕くで176-100黒バドレックスが乱数1発(87.5%~)

 

 威嚇要因その1。前期は拘り眼鏡を持たせていたが、前期終盤から増えたムゲンダイナ構築が苦しかった為、拘りスカーフに変更。これにより、ムゲンダイナや根源の波動で削ったザシアンを上から縛れたりと、選出・立ち回りに幅が広がった。

 控えめ個体を使用しているつもりが、臆病個体であったと気付いたのがシーズン終了後。臆病の利点としては、追い風下の準速アマージョを抜けることが挙げられるが、微妙な火力不足が目立ったため、控えめ推奨。※レンタルパーティでは控えめ個体に修正済。

 

 

f:id:Gengar_Night:20211007001623p:plainカイオーガ@神秘の雫

特性:雨降らし

性格:控えめ

実数値:196(164)-*-110-222(+252)-160-122(92)

技構成:根源の波動 潮吹き 冷凍ビーム 守る

 

◆176-120黒バドレックスに対して珠ダメ1回+根源の波動で瀕死率87.5%

◇A244ザシアンの+1じゃれつくを乱数2つ切り耐え

◎4振りサンダー抜き

 

 構築の軸。動かした際、相手に最大限負荷をかけるためC特化。持ち物は、守る搭載と火力補強の両立が出来る神秘の雫を持たせている。

 カイオーガの弱みとして、根源の波動の命中不安が挙げられるが、一度の技外しが負けに直結することは少なく、周りのポケモンのサポート(詳細は後述)を上手く扱うことにより試行回数を稼ぐことが可能なため、上記弱点はある程度解消できると感じた。

 

 

f:id:Gengar_Night:20211007001743p:plainライチュウ@気合の襷

特性:避雷針

性格:臆病

実数値:136(4)-97-107(252)-110-100-178(+252) ※A妥協個体

技構成:エレキネット ボルトチェンジ 猫騙し フェイント

 

◇A182水ウーラオスの水流連打確定耐え

 

 猫騙し要因その1。味方をレジエレキから守ることが1番の役割。レジエレキが選出された試合では、ライチュウを盤面に置きつつレジエレキを早めに処理するか(レジエレキはカイオーガにエレキネットを撃ってくる)、レジエレキ以外を倒してライチュウで詰めるか、状況を鑑み展開を考える。レジエレキが選出されなくとも、猫騙しやエレキネットで最低限の味方のサポートは行える。フェイントはワイドガード対策で採用。

 


f:id:Gengar_Night:20211007001759p:plainガオガエン@防塵ゴーグル

特性:威嚇

性格:腕白

実数値:202(252)-136(4)-138(+124)-*-124(108)-83(20)

技構成:フレアドライブ 地獄付き 猫騙し 捨て台詞

 

◇A177コジョンドインファイトを乱数2つ切り耐え

同族意識

 

 威嚇要因その2、猫騙し要因その2。初めはオボンの実を持たせていたが、モロバレル入りに対する選出・立ち回りが窮屈になるのを嫌い、防塵ゴーグルに変更。vsザシアンでは、ガオガエンが居座った状態でザシアンに降臨される状況を作らないよう意識した。

 

 

f:id:Gengar_Night:20211007001809p:plainゴリランダー@バンジの実

特性:グラスメイカ

性格:意地っ張り

実数値:204(228)-165(+36)-111(4)-*-98(60)-128(180)

技構成:グラススライダー ウッドハンマー 猫騙し 蜻蛉返り

 

◇A11n

◆HP3n

◎ミラー意識,準速ウオノラゴン抜き

 

 猫騙し要因その3。相手のゴリランダーに猫騙しを打ちながら潮吹き・根源の波動を撃つ展開を多用するため、ミラーで先に動けることが重要となる。最終日、S125(準速アマージョ抜き)で使用していたが、相手のゴリランダーより遅かった試合が何度かあった為、S128まで引き上げた。

 突撃チョッキをシュバルゴに渡したため、混乱実を持たせていたが、アマージョトリプルアクセルやゴリランダーの蜻蛉返り、ザシアンの巨獣斬といった物理技を被弾する回数が多かったため、この持ち物が活きる場面は多かった。

 


f:id:Gengar_Night:20211007001826p:plainシュバルゴ@突撃チョッキ

特性:防塵

性格:勇敢

実数値:177(252)-171(+4)-126-*-157(252)-36

技構成:アイアンヘッド メガホーン メタルバースト はたき落とす

 

◆C177トルネロスの暴風+C202カイオーガの雫潮吹きを確定耐え

 

 構築の最後に入ってきた枠。vsトルネオーガアマージョにおいて、アマージョに対してはメガホーンで確定1発を取ることができ、カイオーガに対してはメタルバーストで大きく削ることが出来る(相手のカイオーガが強化アイテムを持っていれば落とせることもある)。初手トルネオーガと並べてきた場合、再戦でない限り、相手は追い風しながら潮吹きを撃ってくるので、こちらのカイオーガの潮吹き+メタルバーストでカイオーガを処理することが可能。

 ゴリランダーと共に、ガオガエンに弱いポケモンであるため、ガオガエンを後出しされる展開を嫌い、出来るだけカイオーガと並べることを意識した。

 

 

【構築の要点】

•構築全体でのカイオーガ補助f:id:Gengar_Night:20211007001717p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001759p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001809p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001743p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001623p:plain

 高火力全体技で相手に圧力をかけられるカイオーガは、動かす回数が多いほど試合展開を有利に進めることができるポケモンである。そのため、本構築では、カイオーガの行動回数を確保するためのサポート要素を多く組み込んでいる。具体的には、威嚇によるデバフ、猫騙しによる行動拒否、エレキネットによるS操作、グラスフィールドによる回復である。これらを組み合わせることにより、低速であるカイオーガの行動回数を稼ぎ、ダメージレースで優位に立つことが出来る。

 

 

猫騙し持ち3体による盤面操作f:id:Gengar_Night:20211007001759p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001809p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001743p:plain

 本構築には猫騙し持ちが3体いるため、殆どの試合で猫2枚体制の選出が出来る。猫2枚体制は、不利対面でも安全に盤面を整えることができ、安定した試合運びが行いやすい。(裏を返すと、猫騙しが通らない黒バドレックス,アマージョ入りの構築には、不利盤面を作るとリカバリーが効かない。)

 また、上記3体いずれも対面操作技を覚えており、グラスフィールド下で猫騙し+対面操作技を上手く扱うことで、疲弊したカイオーガを回復させる動きが非常に強力である。

 

 

【戦績】

s21 202×/1929(75位)

f:id:Gengar_Night:20211007001717p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001759p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001623p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001743p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001809p:plainf:id:Gengar_Night:20211007002645p:plain

s22 2025/2025(11位)

f:id:Gengar_Night:20211007001717p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001759p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001623p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001743p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001809p:plainf:id:Gengar_Night:20211007001826p:plain

シュバルゴ投入後の戦績は、30勝12敗。

 

f:id:Gengar_Night:20211010020822j:plain

 

 シリーズ10からダブルバトルを始め、8月・9月と精力的に取り組んできました。ダブルバトルの基本やセオリーが全く分からない状態から、対戦数をこなし、どのような動きが強いか自分で模索していく過程がとても楽しかったです。

 質問等あればコメントかTwitterのDMまで。ここまで閲覧ありがとうございました。

 

s4

クチート@メガ石 意地っ張り

H252 A132 B28 D4 S92

157-156-149-×-116-82

じゃれつく 剣舞 不意打ち 雷p



ボーマンダ@眼鏡 控えめ

H116 B4 C252 D92 S44

185-×-101-178-112-126

流星群 龍の波動 火炎放射 地震



ポリゴン2@輝石 控えめ (ダウンロード)

H252 C252 D4

192-×-110-172-116-80

トライアタック シャドーボール トリックルーム 自己再生



ヒートロトム@炎z 控えめ

H252 C204 S52

157-×-127-166-127-113

オーバーヒート ボルトチェンジ 10万ボルト 毒毒



テッカグヤ@食べ残し 穏やか

ラスカ 毒毒 守る 宿り木



グライオン@毒毒毒玉 意地っ張り

H212 A116 D180

地震 守る 毒毒 身代わり