ブログトップ

おはこんばんにちは、ryoheiと申します。
ポケモンの構築記事とか、その他ゲームの感想・日記とか書いていこうと思います。よろしくお願いします。



シングル勢

5世代:フリー民

6世代:最高レート2082(s8)

7世代:最高レート2002(s4)

【S5使用構築その2】ポリクチミミガッサ【最高2022 最終18××】


こちらは最終日前日から使用した構築となります。



シーズン中盤にも使っていた、ポリクチミミガッサから構築をスタート。
残りの2枠には、クチートが弱い炎と電気に対して強く出れる裏メガとしてリザードンxを採用。ラストにクチートに後出ししてくるカバやランドを起点に全抜きを狙える飛行zテッカグヤを採用した。



【個別紹介】

クチート@メガ石

意地:H236 A252 S20

技:じゃれつく/叩き/剣舞/不意打ち


S振りからHAに変更。
また、ギルガルドへの打点が欲しかったので雷パンチを叩きに変更した。
特に言うことなし。



ポリゴン2@輝石

控えめ:H244 C252 D12

技:トラアタ/シャドボ/10万/トリル


10万ボルトの採用は、カプレヒレに対して強く出られるので正解だった。
相手のptにカプコケコが居る場合、ほぼ100%で初手に来るのでポリ2を合わせて特攻↑貰ってた。
ただ、バシャもptにいる場合は、バシャに後出しできる駒が居ないためこの動きは出来なかった。



キノガッサ@襷

陽気:A252 B4 S252

技:胞子/種ガン/マッパ/岩石


相手のptにカバが居れば初手に出してたが、高レート帯ではガッサ対策をしてない訳が無いので、相手のガッサの処理ルートを考えながら行動してた。

例)カバガッサ対面
胞子が一貫→ラム警戒で種ガン
ptにコケコ、レヒレが居る→後出し考慮で種ガン

実際、砂で襷を削り、sに振ったレヒレを後出しして処理しようとする動きがかなり多かった印象。
また、初手ミミッキュは殆ど呪い型なので、種ガン→胞子の順に行動した。
裏選出のガッサリザカグヤ選出の場合、ガッサを雑に扱ってリザカグヤの起点にしていくことが多かった。(テテフガッサ対面、岩石から入るなど)



ミミッキュ@ゴーストz

意地:H4 A252 S252

技:じゃれつく/シャドクロ/剣舞/影うち


遅いミミッキュはミラーに強く出れないと思い、意地AS。
また、ポリクチミミガッサで選出する際に鋼タイプの処理を担う為、フェアリーzからゴーストzに変更した。
特に言うことなし。



リザードン@メガ石x

意地:A252 D4 S252

技:フレドラ/逆鱗/剣舞/ニトチャ


対面性能が非常に高いポケモンだと感じた。
ガッサ死に出しからのリザ展開が単純に強く、リザガッサの2体で勝てる試合も多かった。
このパーティで重いヒードランを剣舞逆鱗で無理やり突破したりしていた。この動きはドラクロの火力では出来ない為、逆鱗の採用で正解だった。
パーティの並びでリザードンyと誤認する人が多く、リザグロス対面で雷パンチを撃たれる事が多くてラッキーだった。



テッカグヤ@飛行z

控えめ@H4 C228 D24 S252

技:エアスラ/宿り木/身代わり/ボディパ


ふゆのさんが放送で使ってたテッカグヤをパクった。
クチートリザードンがランドと対面した際、カグヤに引いて切り返す動きが強力だった。
電気タイプを他で処理し、カグヤを通すルートが裏選出の大きな勝ち筋となり得た。
電気タイプを残されてもエアスラで勝った試合が幾つかあり、怯みは最強だった。
控えめだと↑1準速メガバシャに抜かれてしまうデメリットがあるが、何故か守られずに飛行zが通って勝てる(臆病だと守っても抜けないため諦めたのか、ボディパをもう1回積んでくる読みの攻撃か)。守られて負けた試合は1試合のみであった。
リザカグヤの積みサイクルがとても強かった。
流れが来てた最終日の前日、困ったらガッサリザカグヤと選出していた。




【選出】


・ポリクチミミガッサから3体

・ガッサリザ+ミミッキュorカグヤ

基本はこれ。


カグヤの通りが良い場合

・ポリクチカグヤ

・ガッサクチカグヤ

などの選出をする。


初手のコケコが読めて、リザカグヤの通りが良い場合

・ポリリザカグヤ

と選出する。





【きついポケモン&並び】

ジャローダ

・ボルチェン持ち電気タイプ

・カバマンダ(カバがゴツメ)

・鬼羽リザx


他にも沢山あります(あんまり覚えてない)。




【終わりに】

最終日前日に、1800から27勝9敗と、勝率7.5割をキープして2000に乗せて、最強構築出来たわ〜wwとか思ってたら、最終日まったく勝てませんでした。
この構築で余り対戦数をこなしていないので、勝てたのが偶然なのか、最終日集中力が欠けてたのもあって負け越したのか、よく分かってない状態です。
今期は気合い入れてたので、2000から勝ち上がることが出来ず、非常に悔しい結果となりました。
s6に対するモチベーションも非常に高いのですが、9月から10月にかけて人生の山場となりそうなくらいに忙しい(大げさ)ので、潜れるのは11月に入ってからになりそうです。
s6でもポリクチミミガッサ@2の並びを使いたいと思っています。

ここまで読んで頂き、ありがとうございました。

【S5使用構築その1】マンダクチート対面【最高2035】


シーズン中盤に使用した構築となりますが、今期の最高レートを出した時に使ってた構築だったので簡単に紹介しておこうと思います。ちなみに構築完成度は低いです。
終盤に使ってた構築(最高2022)は別記事で書こうと思います。(以下常体)




前期の最終日に使用したポリクチマンダ(s4記事参照)を煮詰めることにした。
取り巻きを色々試行錯誤した結果、ポリクチミミガッサの対面構築となった。




ボーマンダ@眼鏡

控えめ:H116 B4 C252 D92 S44

技:流星群/龍の波動/大文字/地震

前期と同個体。
パーティで重いバシャーモ、鋼、ジャローダ等を処理する。
クチートガルーラ対面マンダに引いて威嚇を二回入れれば猫+冷凍パンチを耐える。
バシャレボルトの減少は逆風となったが、バシャカグヤのような並びに対してはしっかりと活躍してくれた。(マンダバシャ対面だいもんじでカグヤを処理)
このポケモンは使ってて楽しいが、交代先を考えて技を選択しなければいけない場面が多いので精神が削れた。



クチート@メガ石

意地:H156 A252 S100

技:じゃれつく/雷パンチ/剣舞/ふいうち

60族を意識したs調整。



ポリゴン2@輝石

控えめ:H244 C244 S20

技:トライアタック/シャドボ/自己再生/トリックルーム

クチートと同速にすることで、相手とのs関係が把握でき、トリルを張るか否かの判断に役立った。



ゲンガー@メガ石

臆病:C252 D4 S252

技:シャドボ/ヘド爆/トリックルーム/道連れ

1-1交換マン。



キノガッサ@襷

陽気:A252 B4 S252

技:胞子/種ガン/マッパ/岩石

ミラーやコケコを考えたら陽気一択。



ミミッキュ@フェアリーz

意地:H228 A252 B28

技:じゃれつく/のろい/影うち/剣舞

マンダが起点になっても切り返せる駒。
呪いのおかげでバトン系統やゴーリに負けなかった。




相手のボーマンダに対する受け駒が人によって異なり、カプレヒレを出してくる人も居るので崩しとして不安定だと感じた。また、ABミミッキュが開拓されたので、ミミッキュが後出しされることも度々あって辛かった。
テテフ+炎の並びがきつく、出し負けしたら速攻負けレベル。
綱渡りのような立ち回りをして勝っていたので、2000より上を目指すことは難しいと思い、解散した。


鬼の立ち回り例)
相手の初手ギルガルド一点読みでゲンガーマンダクチートと選出→ゲンガーでガルドを道連れ→マンダクチート通して勝ち

こんな立ち回りばっかりしてよく勝ててたなと思う。


ここまで読んで頂き、ありがとうございます。もう一つの構築記事も読んで頂けたら幸いです。

【S4使用構築】ポリクチマンダ 【最高2002】

初めまして、ryoheiです。
構築記事を書いてみたかったというのもあり、今期2000という1つのラインを達成したので、これを機に書いてみることにしました。

並びはこんな感じです。(以下常体)


最終日、大学のテストを終えて帰りの電車でぼ〜っとしてたら、ふとクチート+眼鏡ボーマンダを使いたくなったのが構築のスタート。トリル始動要員でもあり自身もアタッカーになれるポリゴン2を採用し、この3体を基本選出とした。
取り巻きは、補完のいいポケモンをボックスから選んで突っ込んだ(時間が無かった)。



[個別紹介]

クチート@メガ石 意地っ張り

H252 A132 B28 D4 S92

157-156-149-×-116-82

じゃれつく 剣舞 不意打ち 雷P

xy以来の使用となったが、その強さは健全だった。特に、ギャラ・マンダ・バンギ等の相手のメガ枠に後投げ出来る動きや他で削って不意打ちで縛る動きが強かった。
アシレーヌがいるptには初手に出して雷Pで葬ってた。
炎Pが欲しかったが、剣舞無いとポリ2とか突破出来ないので仕方なく切った。けど、ナットレイとかは4↑じゃれとかで吹き飛ばせたからこれで良かったのかもしれない。
NNを"きりの"にすることで、じゃれ外しても可愛いなこいつと思ってた(キモい)。 けど、肝心な場面ではちゃんと当ててくれる偉い子だった。
BとDに振る必要は無いので振り直すべき。



ボーマンダ@眼鏡 控えめ

H116 B4 C252 D92 S44

185-×-101-178-112-126

流星群 龍の波動 火炎放射 地震

調整は、sがバンギ抜きサンダー抜き、HDラインが臆病レボルトのめざ氷耐え(ギリギリまでHを上げた)。
構築の原点。相手のptにバシャーモがいたら初手に選出し、流星群を押してたら、レボルトとかが飛んできて勝手に散ってった。爽快。
ただ、水妖がいるptにはバシャーモが居ても初手には投げなかった。
地震はドラン用。ただ、vsクレセドランの初手マンダドラン対面は流星群で後出しクレセを削ってポリ2バックする。



ポリゴン2@輝石 控えめ (ダウンロード)

H252 C252 D4

192-×-110-172-116-80

トライアタック シャドーボール トリックルーム 自己再生

クチートの相棒。
自己再生入ってるの頭悪すぎる感じあるけど、ダウンロード見て、自己再生無いと思われるのか、低火力のポケモン(ゲッコウガとか)で粘られることがあったので、意外と重宝した。
トライアタックは凍るから最強。
型は要検討。



ヒートロトム@炎z 控えめ

H252 C204 S52

157-×-127-166-127-113

オーバーヒート ボルトチェンジ 10万ボルト 毒毒

ボーマンダを受ける駒がテッカグヤのptがダルかったので採用。
クチートに打点はあるが、マンダの引き際に宿り木入れられて、みがまもされるとどうしようもないので、こいつを投げてボルトチェンジで身代わり壊しつつ、宿り木解除してた。
カプレヒレの上からボルトチェンジを叩き込めるよう結構sに降った(準速アシレ抜き)が、もう少し振って準速ガッサ抜きまで上げた方がいい気がした。
カプ・コケコ牽制出来てた気がする。
こいつは取り巻きの中で唯一いい感じだった。
めざ氷個体作らないと…。



テッカグヤ@食べ残し(バンジの実かも) 穏やか

ラスカ 毒毒 守る 宿り木

フェアリー牽制したいなーと思って鋼枠。
調整はボックスにあったのを突っ込んだので覚えてない。そもそも2000到達の2戦前くらいまでナットレイだった気がする。



グライオン@毒毒毒玉 意地っ張り

H212 A116 D180

地震 守る 毒毒 身代わり

電気と地面に強い枠。
使いこなせなかった。






[総括]

初手マンダの流星群で一体落として、3対2の状態を作れば勝ちゲーだった気がする。
基本選出した時は大体勝って、そうでない時は負けてた印象。
基本選出の3体には手応えを感じたので、取り巻きを煮詰めきれなかったのが悔しい。




重いポケモン

カプ・レヒレ←やばい

メガリザードンY

ジバコイル

キノガッサ

特殊マンダ

カプ・テテフ

とか(あんま覚えてないし、ノートちゃんにも記録取らなかった)




最終日の夜、1800から23-9で2000に到達し、いい感じやん!と思ってたが、到達後の次の試合でトリル下1剣舞クチートとリザ対面でじゃれ外しを怖がって、"多分yだし、xでもじゃれ半減耐えに掛けてメガ進化してこないだろ〜"と思い、雷Pとかいう弱い選択肢取ったら負けた。(xだった)
肝心な場面で弱かったのは自分だった…
その後、一度2000に戻すもまた負けて気力も尽きたところで撤退した。


ここまで読んでくれた人、ありがとうございました。



一応証拠として